株式会社プレグリップエナジー

Store Power 電気も蓄える時代

2019年より、
光熱費は「払う」から「自給自足」へ。
余剰電気をどうされますか?

2009年11月に始まった固定価格買取制度(旧余剰価格買取制度)が10年を迎えます。
10年間の買取義務保証期間が終わりはじめるタイミング、それが2019年なのです。
期間満了後は、売電できたとしても
買取価格は0円~最大11円(今までの約1/5の価格)になると予想され、
売電のメリットは損なわれてしまうことになります。
また、そもそも引き続き売電できるかどうかも問題です。
「売電期間の終了後、余剰電力の取り扱いをどうするか」
これを2019年問題といいます。
※固定価格買取制度=FIT制度

「2019年問題」に対して3つの選択

そんな問題に対しては、
太陽光で発電した余剰電力を
効率よく自家消費で使い切ることを
ご提案しております。

pageup